ブログ内検索

2014年4月2日水曜日

感染後咳嗽 Postinfectious cough

Postinfectious cough
(Chest 2006;129:138S-146S)

上気道炎後に咳嗽が持続することがあり, 亜急性の咳嗽(>3wk)となることも多い.
 ウイルス感染症やMycoplasma, Chlamydophiliaの様なウイルス様感染症後に持続する咳嗽を “Postinfectious cough”と呼ぶ.
 胸部XPで問題なく, >8wk持続することは無く, 最終的には改善する.
 >8wk継続する場合は他の疾患を考慮すべき.

上気道炎に伴う気道粘膜の障害と過敏性が原因と考えられ
 単純性インフルエンザA感染患者のBAL studyでは, 気道粘膜の落屑やBALFでのリンパ球の増加, Eo増加が認められる. 気道分泌も亢進, 繊毛運動の低下も原因と考えられている

Postinfectous coughの頻度はURI患者の11-25%
 M pneumoniae, Bordetella pertusis流行期では25-50%と高率.

倉敷中央病院での2006-2008年に受診した, 3週間以上8週間未満の咳嗽で胸部XP正常な症例218例の検討 (日呼吸会誌 2010;48:179-185)
 Mycoplasma, Chlamydophila, Pertussisの抗体, ペア血清を評価.
 平均年齢は48.4±17.8歳. 感染後咳嗽の頻度は合計 39.4%であった. 
 咳嗽のタイプは以下の通り;
咳嗽の原因



感冒後
21.1%
Atopic cough
4.1%
Mycoplasma pneumoniae感染後
5.5%
GERD
0.9%
Chlamydophila pneumoniae感染後
4.1%
慢性気管支炎
0.9%
百日咳
9.2%
COPD
2.3%
Cough variant asthma
8.7%
ACE阻害薬
0.5%
Bronchial asthma
7.8%
不明
40.8%


Postinfectious coughの治療
 自然に改善する為に, 対症療法で問題無し
 抗生剤は必要無し.
 咳嗽で著しく障害されている場合はPSL 30-40mgを2-3wkで減量するレジメも試される.
 吸入ステロイド, 吸入抗コリン薬(Ipratropium)も試される.
 薬剤が効果乏しい場合, 中枢抑制系のCodeine(リン酸コデイン)やDextromethorphan(メジコン®)を試す.

Montelukast(シングレア®)は効果無し (Lancet Respir Med 2014; 2: 35–43)
 16-49歳でPostinfectious cough 276例のDB-RCT.
 Montelukast 10mg/d vs Placeboに割り付け, 2-4wk継続.
 咳嗽に由来するQOLを評価し, 比較.
咳嗽の経過
 双方とも咳嗽の重症度, 頻度は変わらない.

0 件のコメント:

コメントを投稿