ブログ内検索

2014年3月26日水曜日

甲状腺機能亢進症の原因, 症状, 所見頻度

甲状腺機能亢進症3049名の解析 (J Clin Endocrinol Metab 95: 2715–2726, 2010)
人数が均等となるように年齢別に4つに分類;

全体では, 男性20%, 女性80%.
 Graves' disease(バセドウ病)が39.0%, Toxic nodular hyperthyroidismが12.1%,
 原因がはっきりしないものが48.9%を占める.

全年齢で女性例が多いが, 高齢程男性の割合が増加.
 若年ではバセドウ病が半分以上を占めるが, 
 ≥61yrではバセドウ病は1割程度と中毒性結節が多くなる

甲状腺機能亢進症の症状頻度
症状
全体
16-32yr
33-44yr
45-60yr
≥61yr
体重増加
7.2%
7.6%
8.3%
6.3%
6.6%
体重減少
60.7%
57.4%
59.8%
65.3%
60.0%
熱不耐
54.9%
56.4%
59.5%
62.0%
41.0%
振戦
53.9%
54.8%
60.0%
60.3%
39.8%
動悸
50.8%
49.7%
58.7%
55.6%
38.4%
不安
41.0%
40.2%
45.9%
49.4%
27.6%
便回数の増加
22.3%
32.8%
25.5%
15.7%
12.8%
頸部腫瘤
21.8%
22.6%
26.9%
25.4%
13.7%
呼吸苦
10.5%
7.3%
9.5%
12.2%
13.1%
眼症状(GDのみ)
11.4%
8.6%
11.6%
15.3%
11.5%
食欲増進による体重増加も5-10%で認められる点に注意.

身体所見
症状
全体
16-32yr
33-44yr
45-60yr
≥61yr
初診時 Af
4.1%
0.1%
0.8%
3.0%
13.0%
初診時 Tremor
41.8%
47.7%
40.0%
41.2%
38.3%
初診時 Goiter
69.4%
84.2%
80.9%
64.8%
46.4%
甲状腺眼症(-)
37.4%
42.8%
39.6%
31.0%
25.0%
軽度眼症
19.9%
20.1%
18.9%
19.7%
24.0%
中等度眼症
40.7%
35.7%
39.9%
47.3%
45.8%
重度眼症
1.9%
1.4%
1.6%
2.0%
5.2%
症状の数

高齢者程症状は少なくなる.
Aは母集団全体,
Bはβ遮断薬, アミオダロン内服患者を除いた母集団の評価

0 件のコメント:

コメントを投稿