ブログ内検索

2012年5月1日火曜日

Fabry病とアミロイドーシスによるLVH


Am J Cardiol 2012;109:587–593
ちょっとLVHの心電図の見方が変わりますね。
LVH患者94名でECGを解析. 94名中 Fabry病は17例, 高血圧性心疾患が20例, アミロイドーシス17例, As 20例, 肥大型心筋症 20例.

Fabry病によるLVHを示唆する所見 
補正PQ (PQ/√RR)  <144ms で感度 82%, 特異度 90%
II誘導のPQ間隔-P波間隔 <40ms で感度 82%, 特異度 99%

アミロイドーシスによるLVHを示唆する所見 Sokolow-Lyon index 416ms 感度94%, 特異度52% という結果.

まとめると、Fabry病によるLVHはP波の終わり〜Q波の始まりまでの間隔が短い傾向があり、
アミロイドーシスによるLVHはQTが長めで前胸部誘導で低電位、という特徴がある様子.




このStudyはValidationが無いので、今後追試に期待したいところです。 高岸

0 件のコメント:

コメントを投稿