ブログ内検索

2016年1月19日火曜日

Cryptogenic strokeにおけるAf検出リスク因子

CRYSTAL AF studyにおいて,
cryptogenic strokeで埋め込み型Loopレコーダー群に割り付けられた221例を解析
(Neurology® 2016;86:261–269)

CRYSTAL AFについてはこちらを参照 心原性脳梗塞の評価

・Cryptogenic strokeにおける潜在性Afのリスク因子を評価した
・Afは12ヶ月で29例, 36ヶ月で42例で検出.

多変量解析によるリスク因子の評価

・有意差を認めたのはAf検出のリスク因子は, 年齢, PR間隔の2項目であった.

これらの項目によるAf検出リスク
A) 12ヶ月におけるAf検出リスク
B) 36ヶ月におけるAf検出リスク

-------------------

PR間隔というのは盲点、というか気にしたことはありませんでした.
今後ちょっと気をつけようと思います

0 件のコメント:

コメントを投稿