ブログ内検索

2016年1月21日木曜日

健常人ボランティアにおける視神経鞘のサイズ(エコー)

以前, 頭蓋内圧亢進を示唆する所見として視神経鞘の拡大があるとブログに書いた.
詳しくはこちらを参照: Optic nerve sheath diameterと頭蓋内圧亢進

その後, 蘇生後脳症の予後を判定する指標としてのONSDや
視神経炎や視神経虚血を評価するためのONSDなどいろいろな報告がでている.

で、ところで健常人ではONSDのサイズはどの程度なの? という疑問

Journal of Critical Care 31 (2016) 168–171 
健常人ボランティア 120例において, Optic nerve sheath diameter(ONSD)を評価.
 年齢は18-65歳, 男性55例, 女性65例.
 ONSDは全体で3.68mm[2.85-4.40]と5mmを超えない結果.
 評価方法(エコーの向き)でも特に大きな差はない.

年齢や性別、体格で差があるかどうかというと
ONSDで差がでるのは性別のみ. 女性のほうが細い
それでも男性で5mmを超えることはないので, やはり5mmを超えたらおかしい!と思っておけば良さそう.

0 件のコメント:

コメントを投稿