ブログ内検索

2016年1月26日火曜日

失神で発症するくも膜下出血は5%くらい

失神で救急搬送され, 結局くも膜下出血でした, という症例は
救急をやっていれば年1例くらいはお目にかかる.

SAHと診断, 治療された1460例の後ろ向き解析では,
 590例がSAH発症時に意識障害あり(40.4%).

その内訳はこちら
・<10分の意識障害が169例
・10-60分が93例
・>60分が181例.

「失神」として発症するのは169/1460, 11.6%程度といえる

・そしてそのうちの約半数が, 来院時 頭痛のみを訴える程度.

ということは, SAHの約5%が失神 ⇨ 頭痛 というプレゼンテーションで来院する.

ちなみに, SAH発症時の意識障害は程度に関わらず, 予後不良因子となる.

5%って嫌な数値ですね。
軽症のSAHならば外来で受診することもあるでしょうし, 
やはり救急で失神±頭痛 ⇨ 頭痛には要注意です。

ちなみに意識障害と同時、その前に頭痛を自覚している例は87.3%であり,
1割は失神後に頭痛を自覚していることにも注意ですね.

2 件のコメント:

  1. いつも楽しく拝見させていただいております。もし可能であればこの文献の表題等、教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. すみません。引用文献を記載し忘れていました。
      JAMA Neurol. 2016 Jan;73(1):28-35. doi: 10.1001/jamaneurol.2015.3188.
      Loss of Consciousness at Onset of Subarachnoid Hemorrhage as an Important Marker of Early Brain Injury.
      http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=JAMA+Neurol.+2016%3B73(1)%3A28-35.

      になります。

      削除