ブログ内検索

2015年9月23日水曜日

GCAに対するPET/CTの評価

GCA: 巨細胞性動脈炎.
大血管を侵す血管炎の1つであり, 特に有名なのは側頭動脈炎.

この診断には生検がGold standardであるが、近年エコーや、造影MRIなどによる診断も行われている。
そして、生検が困難で、MRIもエコーでも診断が難しい、、、、という例でPET/CTによる検査が有用との報告が出てきている。

では、PET/CTでどのような評価を行えば良いのか?

GCA患者18例(ステロイド未投与 12例)とControl群(炎症性疾患, 動脈硬化性疾患, 健常人)でPET/CTを評価. (Medicine 94(37):e1542) 
Control群の内訳
・炎症性疾患群: 不明熱でPET/CTを施行したGCA以外の患者18例
・動脈硬化性疾患群: 動脈硬化でVascular calcification score >2を満たす19例
・健常人 16例.

PET/CTの評価項目は
 ・肉眼評価: 第一印象(1a), 肝臓との取り込みの差(1b)
 ・半定量的評価: 
  大動脈のSUVmax(2a), 
  SUVmaxの大動脈-肝臓比(2b) 
  SUVmaxの大動脈-上大静脈比(2c), 
  SUVmaxの大動脈-下大静脈比(2d)
(standard uptake value :SUV)

アウトカム:
肉眼所見による評価
所見(取り込み)
感度(%)
特異度(%)
vs. 炎症性
特異度(%)
vs. 動脈硬化
特異度(%)
vs. 健常人
血管 = 肝臓
100%
67%
37%
50%
びまん性に血管 = 肝臓
89%(100%)
88%
79%
75%
血管 > 肝臓
83%(92%)
94%
79%
75%
びまん性に血管 > 肝臓
67%(83%)
100%
95%
100%
()内はステロイド未投与群でのみ評価した感度.
肉眼所見において、血管が肝臓よりも取り込みが亢進していれば有意と考える
 特にびまん性ならばなおさら可能性は高い。

半定量による評価
各病態別のSUVmax (standard uptake value)

各指標のカットオフと感度、特異度
半定量の評価で最も診断能が高いのはSUVmax 大動脈−肝臓比 ≥1.03
ステロイド未投与群では感度 92%、特異度92%と良好。
ステロイド投与群では大動脈のSUVmax ≥3.58が有用な所見と言える

0 件のコメント:

コメントを投稿