ブログ内検索

2015年9月8日火曜日

ピロリン酸第二鉄 インクレミンシロップ®

ピロリン酸第二鉄 インクレミンシロップ®は唯一のシロップの鉄剤。
小児の鉄欠乏で使用可能であるが、成人でもたまに使う。1mlあたり6mgの鉄を含む。

シロップなので使いやすい反面、ピロリン酸第二鉄の吸収率は悪い。

・硫酸鉄と比較すると, 
 アスコルビン酸なしで 0.9% vs 2.6%と有意に低い.
 アスコルビン酸を加えると 2.3% vs 9.7%と上昇するが低い. (アスコルビン酸は鉄のモル数の4倍を投与) 
 アスコルビン酸によりピロリン酸第二鉄の吸収量は2.6倍となる 
(Int J Vitam Nutr Res. 2004 Jul;74(4):294-300.)

ただし, シロップ製剤のため、ジュースに混ぜたり、食事に混ぜることができるのが良い点.
・100%リンゴジュースに混ぜて使用した報告では, 吸収率は5.5% (vs 硫酸鉄では9.1%) (Eur J Nutr. 2009 Mar;48(2):115-9.)
・ミートパテにピロリン酸第二鉄を混ぜた食品と、硫酸鉄を混ぜた食品を比較すると、両者で摂取後の鉄動態は同等の結果 (Nutrition 25 (2009) 20–24 )

よく硫酸鉄(テツクール®)やクエン酸第一鉄Na(フェロミア®)で副作用があり継続できない患者がいるが、その場合インクレミンシロップを使用することが多い。
注意点は吸収率は劣るため、アスコルビン酸(ビタミンC)と併用するか、リンゴやオレンジジュースに混ぜると良い。
もしくは食事に混ぜて使用すると違和感なく継続ができる場合もある。

0 件のコメント:

コメントを投稿