ブログ内検索

2014年7月18日金曜日

Chlamydia Trachomatis, Neisseria Gonorrhoeaeの検査

淋菌感染症, クラミジア・トラコマティス感染症の検査について

双方とも代表的な性感染症の原因菌.
淋菌はグラム染色でGram陰性双球菌として見えるため, 検体のグラム染色は診断に有用.

男性例の淋菌性尿道炎に対するGram染色はSn 89-94%, Sp 94-97%
 男性の尿道炎では最も簡便, 速く, 診断能も良好.
 貪食像があれば確定的.(女性では膣常在菌にNeisseria属がいるため注意)
 冷蔵にて死滅するため, 培養の感度は低い
 培養を提出する際は35-37度, CO2で満たされた空間で培養(嫌気ボトル)する。
 性器外の淋菌感染症ではDNA probeが有用. Sn 99.4%, Sp 99.6%

 淋菌, クラミジア共にPCR検査を確定診断として用いる

基本的に淋菌, クラミジアSTDには検体のPCRを使用する事が多い.
検査方法と検体別の感度, 特異度
淋菌感染に対する検査 (*Gram Stainはグラム陰性双球菌検出を陽性)
Test
Sn(%)
Sp(%)
LR(+)
LR(-)
PCR
女性
尿
55.6[36.3-74.9]
98.7[97.5-99.9]
43
0.45


頸管分泌物
94.2[90.5-98.0]
99.2[98.4-100]
118
0.06

男性
尿
90.4[87.9-92.9]
99.7[99.4-100]
301
0.10


尿道分泌物
96.1[94.4-97.7]
99.0[98.2-99.8]
96
0.04
TMA
女性
尿
91.3[85.0-95.6]
99.3[98.6-99.6]
130
0.09


頸管分泌物
99.2[95.7-100]
98.7[98.0-99.3]
76
0.01
SDA
女性
尿
84.9[75.6-91.7]
99.4[98.9-99.8]
142
0.15


頸管分泌物
96.5[90.1-99.3]
99.5[99.0-99.8]
193
0.04
Gram stain*
頸管分泌物
71.1[55.6-82.9]
41.6[41.0-42.1]
1.22[0.94-1.43]
0.70[0.41-1.08]
クラミジアに対する検査 (* Gram stainはWBC>10/HPFをCutoff)
Test
Sn(%)
Sp(%)
LR(+)
LR(-)
PCR
女性
尿
83.3[77.7-88.9]
99.5[99.3-99.8]
167
0.17


頸管分泌物
85.5[80.3-90.6]
99.6[99.4-99.8]
214
0.15

男性
尿
84.0[78.5-89.4]
99.3[98.9-99.7]
120
0.16


尿道分泌物
87.5[82.4-92.5]
99.2[98.8-99.6]
109
0.13
TMA
女性
尿
92.5[88.0-97.0]
98.6[97.7-99.6]
66
0.08


頸管分泌物
96.7[93.0-100]
99.1[98.2-100]
107
0.03

男性
尿
87.7[80.1-95.2]
99.4[98.7-100]
146
0.02


尿道分泌物
95.9[91.3-100]
99.4[98.7-100]
160
0.04
SDA
女性
尿
79.9[73.3-86.4]
99.1[97.7-100]
89
0.20


頸管分泌物
93.6[91.2-96.1]
97.9[97.3-98.5]
45
0.07

男性
尿
93.1[87.7-96.7]
93.8[90.7-95.1]
15
0.07


尿道分泌物
92.4[86.8-96.2]
96.3[94.3-97.8]
25
0.08
Gram stain*
頸管分泌物
75.6[66.0-83.3]
42.8[41.8-43.6]
1.32[1.14-1.48]
0.57[0.38-0.81]
Ann Intern Med 2005;142:914-25
* Am J Em Med 2010; 28:13-8
TMA; Transcription-mediated Amplification Assay
SDA; Strand Displacement Amplification Assay

SDA法はBDプローブテックET CT/GC,
TMA法はアプティマCombo 2クラミジア/ゴノレアで
2006年より国内で保険適応で検査可能.
Real-time PCRも可能となっている.

Real-time PCRの診断能
男性の尿道炎疑い100例, 女性の頸管炎疑い88例で, それぞれ男性例では初尿, 女性例では子宮頸管スワブを用いてreal-time法, SDA法を施行. 感染症誌 85:1~7,2011
Real-time PCR, SDA法の検体別の感度, 特異度

検体
検査方法
感度(%)
特異度(%)
クラミジア
初尿(女性)
Real-time
77.8%
100%


SDA
77.8%
100%

頸管スワブ
Real-time
94.4%
100%


SDA
88.8%
100%

初尿(男性)
Real-time
97.4%
100%


SDA
100%
100%
淋菌
初尿(女性)
Real-time
100%
100%


SDA
100%
100%

頸管スワブ
Real-time
100%
100%


SDA
100%
100%

初尿(男性)
Real-time
100%
100%


SDA
100%
100%
Real-time PCRもSDAと同程度の診断能を有すると考えられる.
となると, 女性の場合も初尿でもある程度の感度は期待可能であろう.
そら当然採取可能ならば頸管スワブの方が良いだろうが, 夜間や婦人科が居ない場合,
女医がおらず診察が困難な場合は代替作として覚えておいても良いでしょう.

0 件のコメント:

コメントを投稿