ブログ内検索

2013年12月30日月曜日

アミオダロンによる肺障害

アミオダロンによる副作用
アミオダロンはその長い半減期から様々な副作用を呈する.
有名なのは甲状腺機能異常, 肝障害, 皮膚色素障害, 肺障害.
2つのCohort, アミオダロンによる副作用2216例の解析では, 最も多いものは甲状腺障害, 次いで不整脈, 血液毒性, 肺毒性の順番.

Br J Clin Pharmacol 2008;66:82-87

アミオダロンによる肺毒性 Am J Cardiol 2011;108:705–710
肺障害の頻度は0-10%の範囲で報告されている.
RCTでは0-8%, prospective cohortでは2-8%, Meta-analysisでは<2%の報告.
死亡率は1-33%と差がある.

肺障害に関わるリスク因子は, 年齢と使用期間が重要

60歳以上, 投与期間は半年以上の群で高リスクとなる.
また, 総投与量も重要であり,
 101-150g でOR 10.29[3.42-30.92]
 >150gで OR 9.50[3.82-23.67] と101g以上でプラトーとなる.

AF患者群のRetrospective studyにて, Am J Cardiol 2011;108:705–710
 ≥65yのAmiodarone使用者6460例, 非使用者50933例を比較.
 肺毒性を認めたのは, 使用群で3.87%, 非使用群で1.33%

肺障害のパターンは, 肺線維化が最多. 様々な間質性肺炎パターンを呈する. ARDSもあり.
アミオダロンによる肺障害のリスク因子;
男性例, 高齢者, COPD, 腎不全がリスクとなる.
また, アミオダロンの投与量; >200mg/d, ≤200mg/dも同等のリスク因子となり, 低用量でもリスクが少ない訳ではない.


投与開始〜肺障害発症までの期間;
 投与開始から6年間は徐々に発症例が増加し, その後プラトーとなった.
 数年は発症するリスクがある点に注意すべき.

アミオダロン肺炎の治療
通常の薬剤性肺炎ならば原因薬剤の中止で改善する例もあれば, 短期間(~1ヶ月程度)のステロイド治療でステロイドを中止可能な事も多い.

アミオダロンの場合, ステロイド減量とともに再度増悪する例も報告されており, 通常の薬剤性肺炎よりも長期間の免疫抑制が必要となる事がある.

理由としては、アミオダロンは脂溶性であり、体内蓄積する傾向が強いため. 
例えば, アミオダロンによる甲状腺炎や精巣上体炎は同部位に蓄積したアミオダロンに対する自己抗体が炎症の機序の1つとして指摘されており, 同様の理由でより長期間のステロイド投与、Taperingの際には再燃への注意が必要となる.
Internal Medicine 2006;45:1303-1307

0 件のコメント:

コメントを投稿