ブログ内検索

2012年6月20日水曜日

てんかん部分発作に対するゾニサミド vs カルバマゼピン


Lancet Neurol 2012; 11: 579–88

18-75yrの新規診断されたPartial seizure 583名のDB-RCT.
過去2回以上の発作あり, 抗てんかん薬未治療 or 2wk未満の治療期間,
明らかなFocusが不明な全般性痙攣(1年以内に2回)も対象.
Phase 3 trial, 患者, 治療者, スポンサー, 中間データはBlindされている


Zonisamide vs Carbamazepinに割り付け, 再発, 副作用を比較
 Carbamazepin 200mg/dより開始, 400-1200mg/dで維持.



 Zonisamide(エクセグラン) 100mg/dより開始. 200-500mg/dで維持
 
母集団のてんかんタイプ, 原因
てんかん原因
Zonisamide
Carbamazepine
てんかんタイプ
Zonisamide
Carbamazepine
不明
69%
66%
Simple partial with motor signs
9%
12%
脳構造障害
20%
22%
Simple partial without motor signs
13%
15%
頭部外傷
5%
10%
Complex partial
41%
37%
家族歴陽性
4%
3%
Secondarily generalized tonic-clonic
60%
56%
その他
2%
<1%
Generalized tonic-chonic
13%
13%

Outcome; 追跡率は78.2%
 用量調節後26wk発作(-)場合にその量を維持量としてさらに26wk継続する。
 26wk時点でのSeizure Freeはゾニサミドで79.4% vs 83.7%


 26wk, 52wkにおいて, 両者でのSeizure-free rateはCarbamazepineで低い傾向はあるものの, 有意差無し.


副作用頻度, 重症度, 中断率も両者変わらず。

0 件のコメント:

コメントを投稿