ブログ内検索

2012年6月19日火曜日

アルコール性肝硬変患者の肝細胞癌発症率と予後


Ann Intern Med. 2012;156:841-847.

デンマークで1993-2005年にアルコール性肝硬変と診断された8482名のCohort study.
HBV, HCV陽性患者は除外.
HCCの発症率は, 肝硬変診断から1年以降の発症と定義.(肝硬変診断時にHCC+例を除くため)
死亡率も肝硬変診断後1年以降からの死亡を評価.

アルコール性肝硬変患者のHCC発症リスクは5年で1%.
それよりもアルコール性肝硬変患者群では5年死亡率は44% !

HCC診断された169名中, 死亡したのは151名.
HCC診断〜死亡までの期間は, 限局性のHCCでは97d[29-388]
非限局性HCCでは37d[10-137].




肝細胞癌発症率よりもアルコール性肝硬変自体の死亡率が非常に高い。
by 高岸

0 件のコメント:

コメントを投稿