ブログ内検索

2017年2月12日日曜日

顔面帯状疱疹の半分以上は疼痛が先行する

帯状疱疹では典型的な皮疹が生じる前に, 神経痛を生じることがある.
・特に顔面や頭部では鑑別に困る場合が多い.

韓国において, 頭部帯状疱疹で皮疹出現後10日以内に受診した152例の解析.
(Clinical Neurology and Neurosurgery 152 (2017) 90–94)
・罹患神経は, 三叉神経が100例, 中間神経が34例, 上位頚神経18例
皮疹前に疼痛を生じたのが112例(73.7%)
 疼痛〜皮疹まで3.0±1.3日[1-6日間] 

罹患神経による比較

・三叉神経では66%, 中間神経では94.1%, 上位頸神経では77.8%が皮疹前に疼痛を生じている.(中間神経はただ皮疹に気づいていない可能性もあるか)
 *中間神経は小脳橋角部よりでて, 鼓索神経で舌前2/3の味覚を支配, 
 また、外耳道, 耳介の感覚を支配し, 
 副交感線維により顎下腺や耳下腺を支配する

疼痛先行例 vs 皮疹先行/同時例の比較

・疼痛の性状は両者で有意差なし. 疼痛は刺されるような疼痛が多い
・皮疹前に疼痛が出現する場合, 疼痛は重度となる

0 件のコメント:

コメントを投稿