ブログ内検索

2016年4月30日土曜日

SMA解離に対するワーファリン

SMA(上腸間膜動脈)解離は稀な疾患と言われてはいるものの,
気づかれていないだけでそれなりの数はあると思われる.

解離に伴う血流低下による腹部アンギナ, 腸管虚血が問題となり,
治療は手術治療やステント, 抗凝固療法が試されるが, 症例数も少なくまとまった報告はない.

単一施設において, 8年間で診断した特発性SMA解離で抗凝固薬で治療を行った52例を解析.
(Medicine 95(16):e3480)
・発症後11日目で48例で症状は改善.
・改善しなかった4例中, 3例は血管内治療, 1例は外科手術を施行された.
・抗凝固薬の投与期間は9ヶ月[3-60]
・出血性副作用は2例のみ.
・血管のリモデリングは41例で認められ, 変化を認めなかったのは7例.

CT血管造影所見の変化
 完全なリモデリングは42%で認められる
I) Entry, re-entryが保たれている
II) re-entryがなく, 盲端となっている
III) 偽腔内血栓閉塞があり, 潰瘍様の造影が認められる
IV) 偽腔内血栓閉塞があり, 潰瘍様の造影が認められない
V) SMAの解離と狭窄を認める
VI) 部分的, 完全閉塞

SMA解離の報告のまとめ
・抗凝固薬で治療を行うのは15-100%, その後腹腔内出血をきたすような報告もなく, 安全に使用は可能と考えられる.


0 件のコメント:

コメントを投稿