ブログ内検索

2015年10月6日火曜日

肺炎球菌による心内膜炎 111例のまとめ

(Medicine 94(39):e1562) より肺炎球菌性心内膜炎 111例のまとめ

肺炎球菌はIEの原因菌としては稀であり, まずIEの原因菌の鑑別には出ない.
肺炎球菌の菌血症でもIEは普通は考えない.

肺炎球菌によるIE 111例を解析(コホートより24例, 症例報告より87例)
・スペインのコホートでは、肺炎球菌性のIEは全IEのうち0.86%(24例)のみ。
・発症年齢の中央値は51歳[26-63], 15歳未満が20.7%を占める
・市中感染症が96.4%
特徴

年齢
51歳[26-63]
男性例
64%
Native valve
93.7%
Ao弁
53.2%
M弁
40.5%
T弁
12.6%
複数
13.5%

基礎疾患
基礎疾患



肝疾患
アルコール性
C型肝炎
その他
27.9%
19.8%
4.5%
2.7%
免疫不全
HIV/AIDS
悪性腫瘍
臓器移植後
10.8%
5.4%
3.6%
0.9%
脾摘/無脾
8.1%
心疾患
先天性
弁膜症
IEの既往
18%
9.9%
7.2%
5.4%
COPD
7.2%
違法薬剤(IV)
3.6%
・心疾患(+)群が16.2%のみ.
・ Native valveが93.7%
・基礎疾患で多いのは肝疾患(27.9%), 免疫不全は10.8%, 脾摘後/無脾が8.1%

臨床症状
症状/所見



発熱
71.2%
髄膜炎
40.5%
心雑音
55%
CNS塞栓症
13.5%
肺炎
45.9%
心不全
33.3%
髄膜炎
40.5%
CNS以外の塞栓
27.9%
Austrian syndrome
26.1%


Vascular phenomena
4.5%


脾腫
2.7%
死亡
20.7%
Austrian syndromeは肺炎球菌性の肺炎、髄膜炎、心内膜炎を呈する症候群
Vascular phenomenaは塞栓症による膿瘍、虚血、感染性動脈瘤などを呈する病態

培養による菌体の検出感度
症状/所見

血液培養陽性
84.7%
CSF培養陽性
33.3%
弁培養陽性
21.2%
呼吸器検体培養陽性
12.2%
関節液培養陽性
6.1%
6.1%

非常に稀ではあるものの、肺炎球菌性髄膜炎や、肺炎+関節炎合併例などでは心臓も見ておいたほうがよいのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿