ブログ内検索

2012年9月29日土曜日

低尿酸血症を伴う運動誘発性急性腎不全


20台前半の男性。特に既往は無し。
体力テストにて100mの全力疾走後、数時間経過してから腰背部痛が出現。
近位受診し、投薬うけるが改善せず、2日後に浮腫が出現したため、再度受診。
血液検査にてCre 8台と著明高値であり、紹介入院。その際の尿酸値4.0mg/dL。
CPK正常。

さて診断は?

-------------------------------------------

Exercise-induced acute renal failure associated with renal hypouricemia
(Nephrol Dial Transplant 2004;19:1447-53)

低尿酸血症を伴う運動誘発性急性腎不全
 先天性の腎性低尿酸血症を示し, 運動後にARFを併発する病態.
 54名の解析では48名が男性と男性で多い. 初発年齢は17yr[11-46].
 尿酸値は通常0.70±0.25[0.1-1.4]と低値を示す.
 ARF時はCre 5.45±3.33mg/dL, UA 4.40±2.49. Cre>UAとなるのが特徴.
 FENaは0.013-9.5%, 平均2.0%, <1.0%が9例, 1-2%が11例.

60例の解析によると, 症状頻度は以下の通り. 悪心嘔吐や腹痛, 鼠径部痛が多い.
悪心 嘔吐
51/60
腹痛
22/60
倦怠感
16/60
鼠径部痛
35/60
発熱
7/60
乏尿
0/60

発症のタイミングは, 
運動後12hrで75%,
24hrで84.6%, 
48hrで98.1%,
72hrで100%発症している.

発症季節は春と秋が多い

4-6月は体力測定, 9-10月は運動会が多いため, ARFエピソードも多い
男性の頻度が多いのも, 運動習慣に関連している可能性が高い.
24.1%が再発を繰り返し, 一番多い例は6回のエピソード.

尿酸調節障害を評価したのは35/54で,
 26例でPre-secretory reabsorptive defect,
 2例でPost-secretory reabsorptive defect,
 2例でTotal reabsorptive defect, 
 5例で尿細管分泌亢進を認められた.

28例で腎生検試行
 組織形は微小変化が6例,
 急性尿細管壊死所見が22例認められた.

再発予防教育
 運動制限, NSAID使用の回避, 運動後の飲水, ビタミン剤など
 様々な指導がされるが, 有意に再発予防に繋がるのは運動制限のみ.

ちなみに, Renal hypouricemia; 男性の0.16%, 女性の0.23%
Renal hypouricemia 32名の解析では,
 UA値は 0.93±0.49mg/dL, 全例で2mg/dLを超えることは無かった.
 CUAは68.3±31.6ml/min, CUA/CCrは0.584±0.264.
 運動誘発性急性腎不全エピソードを経験したのは3例.
 尿路結石症は4例.
 慢性腎不全となったのは2例のみだが, その内1例は高血圧に伴うもので, この病態自体でCKDとなる可能性は極めて低い.
(J Am Soc Nephrol 15: 164–173, 2004)




0 件のコメント:

コメントを投稿