ブログ内検索

2012年9月23日日曜日

アルコール性ケトアシドーシス (AKA)

アル中患者に良く認められるAG開大性Acidosis (Emerg Med J 2006;23:417-20)
 エタノールだけでなく, メタノール, エチレングリコールでも起こる(代謝産物でAcetoacetate, β-hydroxybutyrateを生じる)
 腹痛, 悪心嘔吐など非特異的な症状 ~ 心停止と様々
 心停止の直接原因は不明(BOHBが関与? or 電解質異常?). アルコール中毒の突然死の10%を占めるとされる
 低血糖を伴うことも多く, 血糖Checkも必須.
 61%Lactic Acidosisを合併する

Keton = 脂質の代謝産物, DM, 妊娠, 飢餓, CHO制限時に認める.
 尿中ケトンはDKAの検出は可能だが, AKAでは陰性のことが多い.
 DKAに対して感度99%, 特異度69% (Ann Emerg Med 1999;34:342-6)
 AKAでは感度45%[13-89]
 尿中ケトン検査はAcetoacetate(AcAc)を検出しBOHB : AcAc比は  DKA3:1, AKA7:1.
 ⇒ AKAではBOHBが多く, AcAcが少ないため, 尿ケトンが陰性.



AKAの初発症状 (Am J Med 1991;91:119-28)
 74名のAKA患者の解析
症状
%
所見
%
悪心
76%
頻脈(>100/min)
58%
嘔吐
73%
多呼吸(>20/min)
49%
腹痛
62%
腹部圧痛
43%
呼吸苦
20%
便潜血陽性
18%
振戦
20%
肝腫大
18%
吐血
19%
意識障害
15%
めまい
19%
低血圧(<100mmHg)
12%
筋肉痛
10%
腹部膨満
5%
発熱
8%
低体温
4%
下痢
7%
発熱
3%
失神
4%
腸蠕動音低下
1%
痙攣
3%
腹部反跳痛
1%
黒色便
1%




AKAの合併症
疾患
%
膵炎
36%
筋症/横紋筋融解
18%
胃炎/GI出血
16%
痙攣
15%
肝炎/肝硬変
12%
アルコール離脱
11%
低血糖
8%
感染症
8%
アルコール中毒
4%
心血管イベント
3%
神経症, 麻薬中毒,
子宮出血, Af, 鼻出血
1%
 AKAでは背景の合併疾患への注意が大事

AKAの血液検査異常所見
 低血糖も高血糖も起こりえる. アミラーゼも高値になることが多い.

AKAのマネージメント
補液は5%TZBetter
 NS大量補液後はLacの低下は認めるものの, BOHBは上昇する.
 Cl性アシドーシスもあり, 代謝性アシドーシスが増悪する可能性.
 血糖補正, K補正, Thiamine投与も同時に行う
 他の電解質Checkとその補正; Mg, P
 Sepsis, 腹腔内感染, 急性腹症の除外が大事.

0 件のコメント:

コメントを投稿