ブログ内検索

2019年7月4日木曜日

膜性腎症に対するリツキサン

MENTOR trial: 膜性腎症に対するRTX vs シクロスポリン
(N Engl J Med 2019;381:36-46. DOI: 10.1056/NEJMoa1814427)
・膜性腎症でAngiotensin-system阻害薬を3ヶ月以上使用した状態で蛋白尿≥5g/24h, CCr ≥40mL/min/1.73m2を満たす患者群を対象としRTX投与群 vs シクロポリン投与群に割り付け, 24ヶ月間フォローしたRCT.

RTX 1000mg/回を14日あけて2回投与
 6ヶ月時点でCR達成群ではRTX追加投与無し
 蛋白尿25%以上低下, 且つCRではない場合は再度RTX投与
 25%未満の症例は不応性と判断し, RTX追加投与無し.
・CsA 3.5mg/kg/dより開始し, 目標トラフ値125-175ng/mL, 12ヶ月継続
 6ヶ月時点でCRを達成した場合, 2ヶ月かけてTapering, 終了 

母集団

アウトカム

・CR, PR12ヶ月時点では両者同等.
 24ヶ月時点では有意にRTX群で良好となる結果.

・CRは尿タンパク<0.3g/24h, Alb≥3.5g/dLで定義
 PRは尿タンパク50%以上の低下, 0.3-3.5g/24hで定義



シクロスポリンでは投与終了後再燃する例が多くなるがRTXでは長期間反応が持続する

0 件のコメント:

コメントを投稿