ブログ内検索

2016年9月2日金曜日

Enterococcusによる心内膜炎

Enterococcus菌血症におけるIEの合併率は3-10%程度で, 人工弁ではIE合併リスクが高いと言われている.

2003年から2012年におけるEnterococcus菌血症症例を前向きに評価.
(Clin Infect Dis 2015; 60:528–35. )
・Enterococcus菌血症におけるIE合併率は4.29%であった.

Enterococcus菌血症におけるIE合併 vs 非合併例の比較

・IE合併例の2/3は弁膜症が認められる. 人工弁は半々.

・原因菌はE. faecalisが86%をしめる.
 ついでE. faeciumが11%

IE合併例 vs 非合併例の比較より, IEのリスク因子を抽出し, スコアを作成.
・リスク因子は, 血液培養 3セット陽性, 感染巣が不明, 弁疾患の既往, 心雑音ありの4項目. これらよりNOVAスコアを作成
NOVA <4ptではIE症例はない.
・5ptでは23.3%, 6ptでは45.5%, 7ptでは82.4%, 8ptでは66.7%, 9ptでは60%, 10ptでは100%, 11ptでは83.3%, 12ptでは80%.

これより, Enterococcus菌血症の場合, NOVAスコアを評価し, 4pt以上ならばTTEやTEEを考慮すべきと言える.

このNOVAスコアをE. faecalis菌血症症例のみでValidationした報告
(Clinical Infectious Diseases® 2016;63(6):771–5)
Entrerococcus菌血症におけるIE合併率は5.7%
E. faecalisでは13.3%とE. faecalisではIEリスクが高い.

E. faecalis菌血症でNOVAスコアを評価したValidation.
・このStudyではNOVAスコアを一部変更しており, 血液培養陽性を2/2セット陽性と定義し, 5点としている.(このStudy母集団の半数以上が3セット採取していないため)
・また, E. faecalis菌血症の定義も1セットのみ陽性で定義されている.

E. faecalis菌血症 647例において, IE合併は78例(12%)
・NOVAスコアが評価できたのは240例(心エコー結果がある患者).

変更NOVAスコア <4では, IEは2/40例のみ. ≥4では76/200.
・感度 97%, 特異度 23%でIEを予測する結果.


ーーーーーーーーーーーーー
Enterococcus菌血症では, 特にE. faecalisでIEリスクは高い.
・E. faecalisが2セット陽性ならばIE評価を行うべき.
 1セットのみでも, 弁膜症既往や人工弁, Entry不明な菌血症などあり, NOVA ≥4ptならばIEを評価する.
・E. facialではリスクは低く, NOVAスコア ≥4ptでIEの評価を行う.

0 件のコメント:

コメントを投稿