ブログ内検索

2015年6月4日木曜日

心血管イベント二次予防目的のスタチン+エゼチミブ

IMPROVE-IT trial: ACSで入院し, LDL−C 50-100mg/dL(高脂血症治療中), 50−125mg/dL(高脂血症未治療)の18144例を対象としたDB−RCT.
(Ezetimibe Added to Statin Therapy after Acute Coronary Syndromes. NEJM 2015)

シンバスタチン 40mg/日 + エゼチミブ 10mg/日
 vs. シンバスタチン 40mg/日 + Placeboに割つけ, 比較.
 LDL−C >79mg/dLではシンバスタチン 80mg/日まで増量可.

Primary outcomeは心血管死亡, 全死亡, 心血管イベントリスク

フォロー期間は平均6年間

アウトカム

心血管イベント、脳梗塞リスクは有意にエゼチミブ併用群で低下。
予防効果自体はNNT≥50とあまり実感が湧かないレベルの数値ではある。
全死亡リスクは有意差なし。

LDL−C 50−125mg/dL、治療中の患者では50−100mg/dLと国内のガイドラインではすでに目標値に達している患者群、高脂血症の基準に達していない患者群でスタチンとゼチーア®を導入する治療。
予防効果はあるが、NNTは≥50/6年。
さてさて、必須とも思わない数字ですけども、マネージメントを変えるかどうか。

ちなみにゼチーア® 10mgで200円/日、年間73000円
シンバスタチン 20mgで180円/日、年間65700円、40mgならその倍。
併用で1年あたり20万円

0 件のコメント:

コメントを投稿