ブログ内検索

2012年8月9日木曜日

ドキシサイクリンはC difficile腸炎のリスクを下げるかも

C difficile腸炎(CDI)は主に抗生剤による腸炎として有名.

抗生剤投与はCDI発症リスク OR 8.2[6.1-11.0] (CMAJ 2006;175:745)
抗生剤の種類別のリスクは(CMAJ 2008;179:767)


Antibiotics
RR
抗生剤全体
10.6[8.9-12.8]
テトラサイクリン
1.1[0.1-8.6]
ST合剤
1.2[0.4-3.3]
マクロライド
3.9[2.5-5.9]
レボフロキサシン
4.1[2.4-7.1]
ペニシリン
4.3[2.8-6.4]
シプロフロキサシン
5.0[3.7-6.9]
モキシフロキサシン
9.1[4.9-17.0]
セファロスポリン
14.9[10.9-20.3]
ガチフロキサシン
16.7[8.3-33.6]
クリンダマイシン
31.8[17.6-57.6]
その他
1.7[0.4-6.8]


また, 抗生剤暴露から発症までの期間は20日がピーク

上記の表ではテトラサイクリンはCDIのリスクにはなりにくい.

入院患者でCTRXを使用した患者2305名, 2734例において, CDI発症率を評価.
 CTRXに加えてドキシサイクリン(DOXY)を併用したのは1066例, 非併用群は1668例.

 全体で, CTRX曝露後30日以内のCDI発症率は5.60/10000患者-日.
 DOXY併用群では1.67/10000患者-日,
 DOXY非併用群では8.11/10000患者-日.
 多因子調節HRは0.73[0.56-0.96]/1日使用あたり と, 有意にCDIのリスクを低下させるという結果.

例えば, 市中肺炎の治療として,
CTRX+マクロライド5日間使用 vs CTRX+DOXY 5日間使用を比較すると,
 CDIのHR 0.15[0.03-0.77],
CTRX+FQ 5日間使用 vs CTRX+DOXY 5日間使用を比較すると,
 CDIのHR 0.13[0.03-0.62] となる.
(Clin Infect Dis 2012;55:615-20)

これからは市中肺炎で非定型カバーを考慮したときはDOXYか!?

0 件のコメント:

コメントを投稿