ブログ内検索

2012年8月24日金曜日

認知症と自律神経障害, 起立性低血圧

Diffuse Lewy Bodies(DLB) 20例と, 年齢をMatchさせたMultiple system atrophy(MSA) 20例, Parkinson病 20例において, 自律神経機能を評価. (Neurology 2004;62:1804-1809)
 糖尿病合併例は除外されており, 自律神経機能に影響を及ぼす薬剤は24時間前に中止を指示.
 自律神経の評価はTILT試験, 深呼吸時HR変化, Valsalva法, 発汗試験, CASS scoreなどで評価.

自律神経症状が最も高度な認知症は当然MSAだが, DLBも高頻度. PDは比較的自律神経障害は少ない傾向にある.
起立性低血圧はDLBの約半数に認められるが, PDでは少数のみ.

AD 39例, Vascular dementia(VAD) 30例, DLB 30例, PD 40例, 高齢者Control 38名で自律神経障害を評価. (J Neurol Neurosurg Psychiatry 2007;78:671-677)
 全認知症でHRの変動は低下し, 起立性低血圧を認め得るが, ADとVADは比較的軽症か低頻度. DLB, PDが多い傾向にある.
起立性低血圧の頻度はDLBで52%, PDで49%と高頻度.
ADやVADでは34%程度と少ないが, それでも1/3で認めると思えば多い方.
Control群では13%のみ.

最初のStudyではParkinson病における起立性低血圧頻度は低いとの結論だったが, 2つ目のStudyでは結構多い.
全体的な印象としてはMSA, DLBが最多で, 次いでPD ≥ VAD = ADくらいの頻度か?

血管性認知症において, 白質病変と起立性低血圧頻度には関連性があるとの報告もあり, 其々の認知症の重症度も関連性があるのであろう. (Acta Neurol Scand 1993;87:286-9)

補足; 自律神経障害を来す中枢病変
島回, 前帯状回, 視床下部, 脳幹の障害は自律神経障害を来す
 特に前帯状回は重要.
 内側前脳束, 背側縦束, 反屈束, 乳頭被蓋路が嘔吐中枢に関与.
 同部位のてんかん発作にて嘔吐を来すことが知られている.
 実際900例のてんかん発作のうち, 24例で嘔吐(+) ; Ictus emeticus. (Pediatr neurol 2004;31:283-86)
 側頭葉てんかんで, 前島回をフォーカスとするてんかん発作ではIctus emeticusを来すことがある. (Epilepsy and Behavior 2008;13:560-63)

 島回や前頭葉の脳梗塞で急性の尿閉がくる例もままありますよね。

1 件のコメント:

  1. 『J Am Geriatr Soc 1998 Sep;46(9):S78,P245』に、起立性低血圧症の原因頻度として、①薬剤関連(28%)②純粋自律神経失調症(24%)、③加齢(20%)、④MSA(13%)、⑤パーキンソン(5%)、⑥心血管障害(5%)、⑦糖尿病(3%)、⑧不明(2%)と記載されてるようですが、純粋自律神経失調症や加齢の中に頭回、帯状回、前頭葉の脳梗塞が含まれていたんでしょうか。脳梗塞を原因として起立性低血圧が出現する認識がありませんでした。

    返信削除