ブログ内検索

2012年7月13日金曜日

ACE阻害薬は肺炎を予防する

ACE阻害薬は誤嚥性肺炎の予防効果があるということは以前から言われていた。


BMJ 2012;345:e4260
ACE阻害薬とARBs vs Controlを比較したtrialsのMeta-analysisで肺炎頻度を比較

RCTやCase-controlやらいろいろ入っているが、敢えてRCTのみの分析を紹介すると、
上がACE阻害薬, RR 0.69[0.56-0.85]
下がARB, RR 0.90[0.79-1.01]
 ACE阻害薬は有意に肺炎の頻度を低下させる.


Sub-analysisでは, ACE阻害薬の方がARBより予防効果が高そう。
また、アジア人の方がより予防効果が高い。

Substance Pによる咽頭過敏が菌の侵入を阻んでくれるのかな?
多少咳がでてもCOPDとかの人はACE阻害薬の方がいいかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿