ブログ内検索

2016年5月27日金曜日

心房細動で抗凝固薬使用中の患者における出血リスクの評価スコア

心房細動患者では抗凝固薬を使用することが多い.
その際の出血リスクの評価としてはHAS-BLEDやATRIAスコアが有名.
また, 最近ORBITスコアなども発表されている.

HAS-BLED



Score
出血 /100pt-yr
H
Hypertension; sBP>160mmHg
1
0
1.13
A
Abnormal Renal/Liver function
(
透析, Cre≥2.3mg/dL)(肝硬変, bil>2ULN, AST/ALT3ULN)
1 or 2
1
1.02
S
Stroke

2
1.88
B
Bleeding (既往, 貧血)

3
3.74
L
Labile INRs (INRコントロール不良)

4
8.74
E
Elderly



D
Drugs or alcohol (抗血小板薬, NSAIDなど)
1 or 2


・スコア ≥3で出血リスクが高いと判断する
(The American Journal of Medicine (2011) 124, 111-114)

ATRIAスコア
・貧血(Hb<13[M], <12[F]): 3pt, 
・腎不全(eGFR<30): 3pt,  
・年齢 ≥75歳: 2pt, 
・出血の既往, 高血圧: 各1pt の合計5項目で計算する.

0-3ptが低リスク, 4ptが中リスク, ≥5ptが高リスクと判断 
(J Am Coll Cardiol. 2011;58:395-401.)

ORBITスコア

HR
点数
年齢 75歳
1.38[1.17-1.61]
1
Hbの低下/貧血あり
2.07[1.74-2.47]
2
出血の病歴
1.73[1.34-2.23]
2
腎不全(GFR<60mL/分)
1.44[1.21-1.72]
1
抗血小板薬併用
1.51[1.30-1.75]
1

(European Heart Journal (2015) 36, 3258–3264)

HAS-BLED, ATRIA, ORBITの出血リスク予測能を比較
(The American Journal of Medicine (2016) 129, 600-607 )
AMADEUS trialにおいて, Afでワーファリンを使用している2293例で上記スコアを評価し, 出血リスクとの関連を評価.
・AMADEUSはAf患者におけるIdraparinuxとワーファリンを比較したopen-label RCT.

各スコアと出血率
・出血は臨床的に関連性のある出血, Major bleedingで評価
・HAS-BLED ≥5ptは出血リスクが高いことがわかる



・HAS-BLEDは最も出血リスクを評価するのに有用.
 といっても臨床的に実感できる可動かは微妙なライン.
・そもそもそこまでしっかりとリスクが評価できるわけではないということの方が重要.

0 件のコメント:

コメントを投稿