ブログ内検索

2013年11月20日水曜日

心房細動にはダイエット

JAMA. 2013;310(19):2050-2060
症候性のAf* 150例のSingle center, partially blinded RCT.
 ダイエット指導群 vs 通常の生活指導群に割り付け, Afの症状, 持続時間を比較. 
 両群とも他のメタボリックシンドロームへの介入は積極的に行った.

*症候性のPaf, persistent Af患者で, BMI>27, 腹囲>100cm(男性), 90cm(女性), 年齢21-75yを満たす患者.
 DMでインスリン管理中, 重度の心臓弁膜症がある場合は除外.
 経過中にアブレーションを受けた患者はその時点で中断.

ダイエット指導; 800-1200kcal/dのカロリー制限と, 20分の運動を週3回 → 45分を3回/wkに徐々に増量.

母集団;

アウトカム;


介入群では有意にAfの症状は改善するが, 追跡率が介入群(56%), Control群(52%)というのが何とも.

ちなみに脱落した患者の内訳介入, Control
他のStudyに参加; 7名, 10名
アブレーション; 10名,14名
アドヒアランス不良; 3名, 0名
消化管症状; 3名, 0名
Thyrotoxicosis; 2名, 1名
INR不安定; 2名, 0名
悪性腫瘍; 2名, 0名
; 4名, ACS, HF, 貧血等

----------------------
追跡率に難がありますが、ダイエットを頑張れた人ではかなりの改善が見込めている. 抗不整脈薬では副作用の面でもなかなか大変ですし、痩せて改善するならばそら当然痩せさせるべきですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿