ブログ内検索

2013年10月30日水曜日

横紋筋融解症による腎障害のリスク

横紋筋融解症の嫌な合併症の1つに腎障害がある.
外傷集団で評価したCohortではCPK>5000U/Lでは19%で腎障害となると報告されており, その数字が現在も使用されていることが多い.
(J Trauma-Injury Infection and Crit Care 2004;56:1191-96)

ただし, 外傷と内科的疾患によるCPK上昇では腎障害合併頻度が異なる印象があり,
運動後にCPKが10万超える人もよく見ますが、腎障害合併例は経験したことがありません。

そんな中、1つとても有用なStudyが発表されました.
(JAMA Intern Med. 2013;173(19):1821-1828)

CPK >5000 U/Lを満たす入院患者2371名のRetrospective study
 1397名で腎不全リスク因子を評価し, 974名でValidationを施行. 
 患者は>18yで, 入院3日以内にCPK>5000となった患者群. AMIによるCPK上昇は除外.

 アウトカムはAKIの頻度と透析移行率. それに関連する因子を評価.

 母集団は平均年齢 50.7歳[19.2], 男性 73.8%. 横紋筋融解の原因は外科, 外傷性が52.9%, 内科疾患が47.1%
 全体で透析が必要となったのは8.0%, 院内死亡率は14.1%であった.

腎障害や院内死亡リスクに関連する因子は
 年齢, 女性, 初期Cre値, 初期Ca値, 初期のCPK値, 横紋筋融解の原因, 初期のP値, 初期のHCO3値.
 それら因子でScoreを作成.


 Score別の院内死亡, AKI発症リスクは,

Scoreが>11でリスクは50%以上となる.

また, 横紋筋融解の原因別の頻度は,
筋炎, 筋症, 運動, 痙攣, スタチンでは低リスク.
熱傷や外科手術後, 悪性症候群, 敗血症, コンパートメント症候群, 心停止後ではHigh-riskとなる.

----------------------------------------
例えば, 最近の症例で40台の男性が運動会で全力疾走を合計1km程した3日後にCPKが14万となり, 近医より入院加療目的で紹介されてきましたが, その人のリスクはCPK値のみで2ptのみ.
死亡やAKIリスクはほぼ "0" ということになり, 紹介や入院の必要すら無かったのかもしれません.

実際の感覚ともあいます.
ただ、敗血症やコンパートメント症候群や心停止はCPK以外の腎不全要素、死亡リスクも絡んでいるので何とも言えませんが。



0 件のコメント:

コメントを投稿