ブログ内検索

2019年8月2日金曜日

セフェピム長期投与による好中球減少

(Clinical Infectious Diseases® 2019;69(3):534–7)

2016-2018年に在宅でCefepimeの投与を受けた患者において好中球減少の合併を評価.
・元々好中球減少(≤1700/µL), 薬剤中止後2wk以上持続21日未満の化学療法や骨髄移植歴がある患者は除外.
・Cefepimeによる好中球減少の定義は
 元々>1700/µLであった好中球が<1000/µLとなり, 中止で改善する

Cefepime投与を受けた326例のうち, 11例で好中球減少を合併
2017-2018年に生じた9例と好中球減少(-)159例の比較
・発症率は5.3%. 発症例はすべて2wk以上の投与例
 2wk以上継続例に限ると, 発症率は8.7%とそれなりに高い
また, IVP(Intravenous push)投与例でリスク(RR 9.28[2.00-43.1])

0 件のコメント:

コメントを投稿