ブログ内検索

2017年5月27日土曜日

腹部大動脈解離の誤診断

AAA破裂187例中, 初期に正しく診断できたのは99例のみ 
(CMAJ 1971;105:811-5)

誤診断の内訳
誤診断
(88)
(%)
心筋梗塞
17
19%
尿管結石
16
18%
未診断の腹痛
14
15%
憩室炎
9
10%
小腸閉塞
5
5.6%
消化管潰瘍穿孔
4
4.5%
腸管膜動脈塞栓
2
2.2%
その他
21
24%

疼痛の部位, 放散痛の頻度

腹部大動脈瘤破裂の誤診断を評価したメタ
(J ENDOVASC THER 2014;21:568–575 )
古い報告が大半. ここ30年近く報告はない.

誤診率は42%[29-55]

症状の頻度と誤診の内訳
・やはり多いのは腎疝痛とMI. 
 診断がつかなかった場合も多い.

-----------------------------------
メタとはいえ20-30年前の報告であり, 現在のようにCTやUSへのアクセスが簡便な場合はさらに誤診率は低いであろう.
でも疑わないと診断はできないのは確かなので, やはり腎疝痛を疑った場合はエコーで腹部大動脈はちらっと見ておくことは重要.

0 件のコメント:

コメントを投稿