ブログ内検索

2017年5月24日水曜日

術後, 出血後貧血には短期的な鉄IV投与を

似たような論文も過去に紹介しています

出血による貧血にはルーチンで鉄剤を


今回はJAMAよりFAIRY trialを紹介
FAIRY trial: 韓国における多施設RCT.
胃切術後 Day 5-7におけるHb7.0-10g/dLである454例を対象としFerric carboxymaltose 500mg 1回もしくは2回静脈投与(体重に応じて) vs Placebo(生理食塩水)投与群に割付け, 12wk後のHbを評価.
(JAMA. 2017;317(20):2097-2104. )
・Ferric carboxymaltoseは体重50kg以上では1000mg, 50kg未満では500mg
 血清フェリチン<15ng/mLHb<10g/dLを満たす患者では, 3wk目に再度500mgを投与(Placebo群では生理食塩水)

母集団

アウトカム

・12wkにおけるHb≥2g/dLの上昇もしくはHb≥11g/dL達成の頻度は有意に鉄剤使用群で多い結果.
上記双方ともNNT2-3程度と良好.

Sub解析
・フェリチン≥30ng/mLでもHb上昇効果は期待できる.

フェリチン値の経過

・鉄剤非投与群では12wkの経過でフェリチンが徐々に低下する経過.
一時的な出血後, フェリチンは結構減少するため初期に問題がなくても鉄を補充しておくことは重要かも
-------------------------------

・手術や一時的な出血後の貧血では鉄剤をIV投与でローディングしておくことは有用な可能性が高い.
・Hbが一気に低下すると, 最初は正常であったフェリチンは数カ月の経過で低下してゆく. それを前もって補うことで造血を安定させることができる.

・フェリチンをフォローしつつ考えても良いと思うが, あまり頻繁にフォローするつもりがないならば尚更よいのかも

1 件のコメント:

  1. 感覚的にそうした方が良いのかなと思っていましたが、論文として出ているんですね。勉強になりました。
    ただ、鉄剤の内服の方が良いのではないのかなと思いました。ありがとうございました。

    返信削除