ブログ内検索

2016年10月13日木曜日

前にそのベッドに入院していた患者への抗生剤投与も, CDIリスクになる

Receipt of Antibiotics in Hospitalized Patients and Risk for Clostridium difficile Infection in Subsequent Patients Who Occupy the Same Bed. JAMA Intern Med

2010-2015年に4つの施設にて入院していた100615例を対象とした後ろむきStudy
・最近のCDI, 入院48h以内に発症したCDI, その入院ベッドに前に入院していた患者が1日未満の入院期間であった場合は除外.
・上記のうち, 576例でCDIを診断(0.57%).

CDIのリスク因子を評価
患者因子として
 高齢者, 
 抗生剤暴露, 
 制酸剤, 
 腎不全,
 免疫抑制, 
 ICU管理がCDIのリスクとなる.

その前にそのベッドに入院していた患者が抗生剤を使用している場合もまたリスクとなる



--------------------
無症候でも感染拡大リスクは高いということは以前ブログで書いている(C. difficile無症候性キャリアについて)

抗生剤暴露はCDIのリスクとなり、また感染を拡大させるリスクにもなる. 

これを知って, 予防につながるかというとなかなかピンとこないが,
無駄な抗生剤投与は一つでも減らしたいところです。


0 件のコメント:

コメントを投稿