ブログ内検索

2019年4月26日金曜日

シェーグレン症候群と味覚・嗅覚障害

症例: 70歳台女性. 食欲不振

外来に食欲不振を主訴に受診した高齢女性.

食べられない理由を探ると, どうも味がしないので食欲がないとのこと.
匂いは一応感じるが, 甘い, 辛い, 苦いなどの味覚が弱くなっている.

他皮膚や粘膜症状, 関節症状は認めない.
パンを食べるときに喉に張り付く. 食餌中はよく水分をとる.

また, 数年前の検査から血小板 8万程度と慢性的に低いこともあり,
シェーグレン症候群→唾液分泌低下→味覚障害で説明できるのでは? とアセスメント.

結果的に抗SS-A抗体が陽性であったが,
唾液分泌試験を行うとガム試験で15mL/10分と分泌は十分の様子.

あれ? ということでなにかヒントがないか論文を漁ってみた.

----------------------------------

シェーグレン症候群と味覚・嗅覚障害

・唾液は食物の味物質を溶解させることで, 味覚を感じるのに重要な要素
・他にもデンプンや脂質の消化作用口腔内衛生状態を保つ役割, 口腔内感染症の予防, 口を円滑に動かすことで発語機能にも関わる.
・唾液の分泌量は0.5-1.5L/
 このうち90%は耳下腺, 顎下腺, 舌下線から分泌され残り10%は口腔粘膜に広がる小唾液腺から分泌される

シェーグレン症候群では唾液分泌の低下により味覚障害や嗅覚障害を呈することが多く, それがQOLの低下, 低栄養にもつながるため, 注意が必要である.
(Journal of Oral Rehabilitation 2007 34; 711–723)

28例のpSS患者と年齢, 性別を合わせた37例を前向きに評価
嗅覚障害と味覚障害を比較した.
(Rheumatology 2009;48:1512–1514)
・嗅覚はUniversity of Pennsylvania Smell Threshold Testを使用
 20個の容器を使用(2つは無臭, 18はフェネチルアルコール[香料]を含む(-10(log10 1/10000000000)~ -2(log10 1/100)の濃度)
 -4.5を下回る場合, 嗅覚障害と診断する
・味覚は甘味, 酸味, 辛味, 苦味を含ませたテープ(4, 16), 無味のテープ2枚を用いて評価.
 味を当てられれば1点と判断し, <9点で味覚障害と判断する

味覚, 嗅覚の比較
味覚, 嗅覚ともにSS群ではControl群よりも低くなる.
 嗅覚は0.97[0.35-1.54]低く, 味覚は3.51[1.80-5.22]低い.
嗅覚障害はSS患者の43%で認める(Control 19%)
 加齢に伴い低下する傾向あり
・味覚障害はSS患者の71%(Control 35%)
 加齢には関係せず, 嗅覚障害に関係する
・味覚は甘味は保たれやすい
 味覚(2.64±1.06), 酸味(1.79±1.32), 
 辛味(1.86±1.21), 苦味(1.39±1.42)
 これは甘味は唾液分泌に関係なく感じやすいためと説明されている

pSS 31例とControl33例において, 味覚・嗅覚障害, 口腔内灼熱感, 唾液分泌能を評価した報告
(Eur J Oral Sci. 2017 Aug;125(4):265-271.)
・唾液分泌能は刺激, 非刺激で評価.
嗅覚は自覚症状(VAS)12本の臭いペンを使用し評価.
 ペンは鼻先2cmのところで3-4秒嗅がせて, 4つの選択肢のうちから答えを選択
 0-5点が嗅覚消失, 6-9点が嗅覚低下, 10-12点は正常と判断
・味覚は自覚症状(VAS)と甘味, 酸味, 辛味, 苦味の4つについて32回味覚を評価し, 0-12点で味覚消失, 13-18点で味覚低下, 19-32点で正常と判断

唾液分泌能はpSSで非刺激 0.08±0.07ml/, 刺激 0.62±0.39ml/分と低下

嗅覚, 味覚スコアもpSSで有意に低い
嗅覚・味覚消失, 低下はpSSで有意に多い結果

唾液分泌能と味覚・嗅覚障害は相関性はあるが軽度のみ
・嗅覚と唾液分泌能: γsws 0.15, γuws -0.03
・味覚と唾液分泌能: γsws 0.04, γuws -0.20

pSS 58, non-Sjogren syndrome sicca 22, 年齢を合わせたControl57例において唾液分泌量, 味覚・嗅覚, 口腔内灼熱感, 口臭, 歯牙状態を比較.
(Nutrients. 2019 Jan 24;11(2). pii: E264. doi: 10.3390/nu11020264.)
・唾液分泌能はSXI-D sumスコア, 分泌試験にて評価
 SXI-D sumスコアは5-15点で評価し, 15点が重度の口腔内乾燥
 分泌は刺激, 非刺激で行い, 非刺激0.1mL/, 刺激0.7mL/分で正常
・嗅覚は自覚症状をVAS0-10で評価(多いほど嗅覚は正常)
 また, 12-stick identification testにて嗅覚を評価し0-5点は嗅覚消失, 6-9点は嗅覚低下, 10-12点は正常と判断
・味覚は自覚症状をVAS0-10で評価(多いほど味覚は正常)
 また, 甘味, 酸味, 辛味, 苦味の4つについて32回味覚を評価し0-12点で味覚消失, 13-18点で味覚低下, 19-32点で正常と判断

味覚障害
・味覚障害(自覚・他覚)Controlに比べて有意にpSSで多い
 non-SSControl群では有意差なし

嗅覚障害
・他覚評価ではpSSControl群よりも有意に嗅覚障害が多い.
 自覚症状ではどの群も有意差なし

唾液分泌能

非刺激
刺激
pSS
0.1[0.0-0.1]mL/範囲 0.0-0.4
0.7[0.4-1.0], 範囲0.0-1.5
non-SS
0.1[0.0-0.2], 範囲0.0-0.6
0.9[0.6-1.3], 範囲0.3-1.8
Control
0.3[0.2-0.4], 範囲0.0-0.8
1.6[1.1-2.4], 範囲 0.5-3.5


唾液分泌試験結果と味覚障害, 嗅覚障害の関係
・唾液分泌量と味覚障害や嗅覚障害, 口腔内灼熱感には負の相関性がある
・味覚スコアとは正の相関性がある
・相関係数からは軽度~中等度の相関がある印象

-----------------------------------
pSSでは味覚障害や嗅覚障害の頻度は高い.
唾液分泌の低下に相関性はあるものの, 軽度〜中等度の相関性であり, 唾液分泌以外の要素も関わっている可能性がある

ちなみに異常味覚も多く,
最後の文献によると, Dysgeusiaの頻度は6割で認められる

異常味覚では, 金属様の味を訴える例が多い
他には腐ったような味, 苦味の訴えがある.

味覚異常のタイミングは常に持続する以外に間欠的な経過や, 期間により異なるものも多い.
食事への関連は様々

0 件のコメント:

コメントを投稿