ブログ内検索

2017年10月27日金曜日

修正バルサルバ法

バルサルバ法はPSVTに対する治療の一つ.
腹部を圧迫したり, 息こらえをしたりするが, 修正バルサルバ法はさらに効果が高い.

修正バルサルバ法:
・上体を45度程度挙上した姿勢で強制呼気(10mlのシリンジを口側から吹いてもらい, ピストンが動く程度の圧力をかける. 40mmHg程度)を15秒施行.
・その後すぐに仰臥位とし, 下肢を受動的に45度挙上する. 挙上は15秒間継続.

この方法が評価された論文は2015年のLancet.
状態の安定したPSVT 433例を対象とし, 通常のValsalva法 vs 修正群に割り付け, 洞調律復帰率を比較したRCT.
(Lancet. 2015 Oct 31;386(10005):1747-53.)
・洞調律復帰率は通常方法法で17%, 変法で43%と変法で有意に良好. OR 3.7[2.3-5.8]

修正バルサルバ法の追試
単一施設での前向きStudy.
(American Journal of Emergency Medicine 35 (2017) 1662–1665 )
・18-65歳のPSVT患者56例を対象としたRCT.
通常のValsalva vs Modified valsalva法に割付け, 比較
・通常のValsalva: 座位の状態で10mlのシリンジを吹いてもらい, ピストンが動く程度の圧力を15秒かける
・修正valsalva: 上記に加えて, 急速に臥位とし, 45度下肢挙上を行う方法
・両群とも3回まで施行し, 
洞調律復帰を評価する
 3回施行しても改善なければ薬剤を使用

アウトカム
洞調律復帰率は 10.7% vs 42.9%Modified valsalva法で有意に良好
・薬剤使用率も低下

-------------------
数年前に一斉を風靡?した修正バルサルバ法
その追試が出ましたので紹介します.

どちらも効果は4割ほどあり, 通常のバルサルバは1割程度と効果は良好.
やはり試す価値はありそうだ.

でも10mlシリンジ吹くのって、普通でもきつい.

0 件のコメント:

コメントを投稿