ブログ内検索

2017年10月17日火曜日

抗CCP抗体陽性/陰性 RAの発症経過の比較

Leiden clinical suspect arthralgia cohortにおいて後に関節炎を発症した67例を解析.
(Ann Rheum Dis 2017;76:1751–1754. )
・Leiden clinical suspect arthralgia cohort: Leiden大学において, 2012年より行われているCohort. 1年未満の小関節痛を認める患者で, RAに進展する可能性があると判断された患者を対象.
・抗CCP抗体陽性例と陰性例で症状や発症経過に違いがあるかを比較
 後にRAと診断された67例中, CCP抗体陽性例は30例であった

*Clinical suspect arthralgia(CSA)についてはこちらも参照
http://hospitalist-gim.blogspot.jp/2016/10/clinically-suspect-arthralgiacsa-ra.html

RAと診断された患者群における抗CCP抗体陽性, 陰性例の比較
陰性例ではより下肢関節罹患率が少ない
 また握りこぶしを作りにくいことが多い
 圧痛関節は陽性例よりも多い.

経過の比較
・抗CCP抗体陽性例ではより早く関節炎が出現, 進行する.
 陰性例ではより緩徐に進行する経過となる.

---------------------------------
CSAにおいて. 抗CCP抗体陰性例ではゆっくり進行し, RAに至る可能性がある.
そのぶん長期間フォローした方が良いし, 患者さんにもそのような説明をすることが重要.

0 件のコメント:

コメントを投稿