ブログ内検索

2017年6月20日火曜日

口腔内レンサ球菌による心内膜炎と歯磨き習慣

口腔内レンサ球菌によるIE症例 73例とそれ以外の細菌によるIE症例 192例で歯磨き習慣, 歯科処置を比較したProspective, Case-control study
(Clinical Infectious Diseases® 2017;64(12):1678–85)
・IV drug userRt-sided IEは除外される.
歯磨き習慣は質問票により調査
 歯科処置はIE診断から3ヶ月前までの処置を評価
 また, IEの原因菌, 歯磨き習慣がブラインドされた歯科医により, 口腔歯牙の衛生状態も評価された.

両群の母集団

両群における歯磨き習慣, 歯科処置の比較

口腔内レンサ球菌のIEと関連がある行為は
 食事の後に歯磨きをしない
 フロスなど歯間ブラシを使用する
 3ヶ月以内の歯科処置 がある

口腔内衛生状態の比較
・差があるのは歯髄壊死のみ.

多変量解析による口腔内レンサ球菌IEのリスク因子
・<65, 女性例, Native valve
食後に歯磨きしない
・フロスなど歯間クリーニング器具を使用
3ヶ月以内の歯科処置 が挙げられる

-----------------------------
面白い結果です.

フロスや歯間ブラシなどを使ってれば良いわけではなく, それはむしろIEのリスク.
歯磨きも毎食後しっかりするのが重要, ということ.

0 件のコメント:

コメントを投稿