ブログ内検索

2017年6月23日金曜日

市中急性腸炎(下痢あり, 嘔吐なし)の1/10がCDIかもしれない

米国の10箇所のERにおいて, 2歳以上で下痢(13回以上)を認め, 嘔吐を認めない患者群を前向きに評価.
(Ann Emerg Med. 2017;70:19-27.)
・上記を満たす患者で便培養, CDトキシン検査を行い, CDIを評価した.
・422例の患者で評価(46[30-57], 範囲2-94)
 このうち 47(11.1%)が便培養, 肛門スワブ培養でCD陽性であり
 さらに43(10.2%)でトキシン陽性であった 

場所により頻度には差がある

CDI群とそれ以外の比較

CDIのリスク因子

3ヶ月以内の抗菌薬暴露, 医療施設に1泊以上の滞在, CDIの既往は市中CDI感染症のリスクとなる.
ただし, これらリスクを認めない症例が39.5%をしめる.

------------------------------
もはやCDIは「入院患者の下痢」というイメージから脱却し,
感染性腸炎の原因の1つ と捉える方が良いであろう.

0 件のコメント:

コメントを投稿