ブログ内検索

2018年2月19日月曜日

PCI既往がある患者では術前にアスピリンを止めない方が良い

POISE-2 trial
待機的な心臓外科以外の手術患者10010例が対象
 2x2 factorial design, Aspirin, Clonidineの効果を評価したRCT
(N Engl J Med 2014;370:1494-503)
・患者は心血管イベントリスク(+)の群
ASA使用群: (ControlではASAPlaceboに置き換え)
 もともとASA未使用群(5628)では術前に200mg/d投与し, その後100mg/d30日間使用
 もともとASA使用群(4382)では術前3日前に内服を中断し, 術直前~術後7日間100mg/dを使用, 以後は元々の投与量とした
・Clonidine(交感神経遮断作用) 0.2mg/dを術前~72h使用. vs Placebo.
アウトカムは心臓血管イベント, 出血リスク.

母集団データ

アウトカム
・周術期のアスピリンは心血管イベント抑制効果は認められず, むしろ出血リスクを増加させる結果.


また, 出血リスクは術後7日間は上昇している

このPOISE-2 trialにおいて, PCI既往がある患者群で評価したサブ解析
(Ann Intern Med. 2018;168:237-244.)
6wk以内のBare-metal stent留置群, 1年以内のDES留置群を除く, PCI既往がある患者群でのサブ解析.
・上記を満たす患者はASA群で234例, Placebo群で236例

アウトカム
PCI既往がある患者群では, ASA継続群の方が有意に30日以内のMIリスクは低下する.
また, 出血リスクは増加させない結果

---------------------
・心血管系リスクのみならば周術期のアスピリンは必須ではないが
 PCIが既往がある場合は極力続けた方が良いという結論.

0 件のコメント:

コメントを投稿