ブログ内検索

2019年10月2日水曜日

維持透析患者, 両側のGGO

数十年来の他院での維持透析中の患者.
呼吸苦で救急搬送となり, 胸部CTで以下のような所見.

IPですか? というコンサルト


------------------














この二次小葉に一致した綺麗なGGO.
これは慢性腎疾患を背景としたMetastatic pulmonary calcificationだろう.

ということでお勉強です.

Metastatic Pulmonary Calcification: MPC
Ca, P血症にて生じる肺石灰化をMPCと呼ぶ.
・副甲状腺機能亢進症, 腎不全(長期間の透析), T cell Leukemiaなどで生じる希な所見
・肺結節, 結節石灰化, 小葉中心性の石灰沈着像をとることが多い.
 結節は3-10mmの辺縁不整な結節をとることが多い.
 GGOConsolidationを認める例もあり.
小葉間隔壁の肥厚は通常認めず組織所見では肺胞隔壁, 細動脈, 細気管支のCa沈着が多い.
(AJR 1994;162:799-802)

Metastatic pulmonary calcification 23例のCT所見
(Radiol Bras. 2017 Jul/Ago;50(4):231–236)
・男性14, 平均年齢54.3(26-89)
 21(91.3%)が慢性腎疾患, 他は多発性骨髄腫, 特発性が1例ずつ

CT所見のまとめ:

最も多いのがCentrilobular GGOで6割程度
・さらに, GGO内に点状の石灰化を伴う例も上記の内半数程度であり.


CT値のConsolidation43.5%
 典型的には広い範囲で所見が認められる

・他の所見としては石灰化を伴う小結節

網様影を伴う石灰化

・肺外の血管石灰化も認められる

--------------------------

という, 一見画像をみてびっくりするものの,
知っていればそんな慌てる必要は無い所見でした.

0 件のコメント:

コメントを投稿