ブログ内検索

2017年4月29日土曜日

術前のステロイド投与は術後の嘔吐を減らす

術後の嘔吐, 嘔気(Postoperative nausea and vomiting)は腸管手術における最も多い合併症の1つで, 30%程度で認める

DREAMS trial: 腹腔鏡, 開腹で腸管の手術を行う患者1350例を対象としたRCT.
(BMJ 2017;357:j1455)
対象は18歳以上で待機的腹腔鏡, 開腹手術を予定している患者.
 悪性疾患, 良性疾患は問わず.
妊婦, 腸管閉塞, DM, 緑内障, 活動性胃潰瘍, ステロイド使用患者は除外

麻酔導入時にDexamethasone 8mg IV追加群 vs 通常の管理群に割付け, 術後の嘔吐, 制吐剤使用頻度を比較.
麻酔科医師は割付けがわかっているが, 術後管理スタッフ, 患者本人はBlindされている.

母集団データ

処置内容


アウトカム

・24時間以内のPONVは有意にDexamethasone群で少ない結果.
 ARD -4%, NNT 25
・24時間以内に食事+水分が摂取できる患者も有意に増加する
・制吐剤使用頻度も低下.


・72時間, 120時間での評価では特に差はない.
・また, ステロイドによる副作用や合併症は特に認められず.


0 件のコメント:

コメントを投稿