ブログ内検索

2015年2月18日水曜日

重症市中肺炎に対するステロイド

重症市中肺炎に対するステロイド
JAMA. 2015;313(7):677-686. 
市中肺炎でCRP>15mg/dLを満たす120例を対象として抗生剤治療に加えてmPSL 0.5mg/kg q12h投与 vs Placeboを比較したDB−RCT.
 ステロイドはmPSL 0.5mg/kg q12hを入院後36時間以内〜5日間継続
 
患者は≥18歳, PSI class VもしくはmATS criteriaで重症肺炎を満たす, CRP≥15mg/dLを満たす患者群を対象.
除外項目: 元々ステロイド使用歴あり, 院内肺炎, 免疫不全, コントロール不良のDM, 3ヶ月以内の消化管出血, 余命<3M, 他の理由でステロイドが必要となる患者群.

母集団データ
アウトカム
早期(0−72h)における挿管、死亡、ショック合併率は有意差なし.
72−120hでの治療失敗率は有意にmPSLで低い結果. (画像所見増悪, 呼吸不全[P/F <200, RR≥30], shock, 挿管管理, 死亡)
 晩期の治療失敗回避効果はNNT 4-5程度見込める.

小規模Studyだけども興味深い結果。
市中肺炎でCRP≥15mg/dLとなるのは結構なものという印象があります。ただ肺炎球菌性肺炎だと一気に悪くなり、一気に良くなったりもするので、晩期での治療効果が良好という点から、原因菌別の結果とか、ステロイド投与の基準をもう少し詰められるとより使いやすい気もします。

0 件のコメント:

コメントを投稿