ブログ内検索

2012年12月10日月曜日

インスリノーマの診断

低血糖でインスリノーマが疑われた114名のRetrospective study. (Ann Intern Med. 2012;157:767-775)
 結果的に49名でインスリノーマが発見, 切除施行. 65名はその後1-16年フォローしたが, インスリノーマの所見無く, 除外されている.
 その全例で絶食試験を施行. 絶食試験中止時の血中Glu, インスリン値, C-peptideを測定し, 比較.

* 絶食試験; 朝8時より絶食開始し, 数時間毎にLabチェック. 以下を満たす場合に中止.
  血糖<45mg/dLで低血糖症状(+)
  症状に関わらず血糖<40mg/dL
  低血糖を起こさず48時間経過

アウトカム;
絶食試験中止時の血糖は当然インスリノーマ群で低値となるが、インスリン値、C-peptide値に関しては区別可能なほど差は無い(A-C)
 インスリン-血糖比, 補正インスリン-血糖比は両者をより区別することが可能
 (補正インスリン-血糖比; 【インスリン[pmol/L]】/【血糖[mmol/L]-1.7mmol/L】)
*ちなみに, Glu; mmol/L → mg/dLとするには0.0555で除す
C-peptide; nmol/L → ng/mLとするには0.331で除す

これらから感度特異度を求めると,
比での評価
感度(%)
特異度(%)
LR(+)
LR(-)
IGR> 32.2(pmol/L)/(mmol/L)
73%[59-85]
100%[95-100]
NA
0.27[0.17-0.42]
補正IGR>53.6(pmol/L)/(mmol/L)
98%[89-100]
98%[92-100]
63.7[9.1-445.4]
0.02[0.00-0.14]
C-peptide / glu >0.24(nmol/L)/(mmol/L)
90%[78-97]
96%[88-99]
20.4[6.7-61.8]
0.11[0.05-0.25]
補正CGR >0.61(nmol/L)/(mmol/L)
95%[86-100]
94%[86-98]
16.3[6.2-42.3]
0.04[0.01-0.17]
Insulin / C-peptide >1.00(pmol/L)/(nmol/L)
100%[93-100]
0%[0-6]
1.00[1.00-1.00]
NA



となり, Endocrine Society Clinical Practice Guidelineで提唱されている基準よりも特に特異性が高く, 診断する際には有用と言える.
(Guidelineは感度は良好であり, 除外は可能だが, 特異性に欠ける)
Endocrine society clinical guideline
感度(%)
特異度(%)
LR(+)
LR(-)
Glu < 3.1 mmol/L
98%[89-100]
60%[47-72]
2.5[1.8-3.1]
0.03[0.00-0.24]
Insulin ≥ 17.9 pmol/L
100%[93-100]
15%[7-26]
1.2[1.1-1.3]
0
C-peptide ≥0.2 nmol/L
100%[93-100]
20%[11-32]
1.3[1.1-1.4]
0
 上記3つを満たす
98%[89-100]
75%[63-85]
4.0[2.6-6.1]
0.03[0.00-0.19]
 2つを満たす
2%[0-11]
43%[31-56]
0.04[0.01-0.25]
2.3[1.7-3.0]
 1つのみ満たす
0%[0-7]
83%[72-91]
0.0
1.2[1.1-1.3]
 全く満たさない
0%[0-7]
98%[92-100]
0.0
1.0[1.0-1.1]
Glu<3.1 + Insulin ≥17.9
98%[89-100]
68%[55-79]
3.0[2.1-4.3]
0.03[0.00-0.21]
Glu<3.1 + C-peptide≥0.2
98%[89-100]
72%[60-83]
3.5[2.4-5.3]
0.03[0.00-0.20]




0 件のコメント:

コメントを投稿