ブログ内検索

2018年4月21日土曜日

本の感想: 「これって自己炎症性疾患?」と思ったら

献本御礼

「これって自己炎症性疾患?」と思ったら

国立国際医療研究センター病院で不定愁訴外来や不明熱外来をされておられた國松淳和先生(現 南多摩病院)の著書

自己炎症性疾患外来もやっておられ総合診療医としての特殊性その長所の伸ばし方生かし方は遠く京都にいながら注目しておりました.

最近御本人とお会いし無事にFBでも友達となることに成功しました♪.

そんな國松先生が書いた自己炎症性疾患の本!
これは注目していました。
献本いただかなくても買うつもりでしたのでありがたかったです.

 個人的にはFMF, CRO/CRMO, SLEFMFを診療した経験があります最近Schnitzler症候群疑いを詰めています自己炎症かと疑いつつフォローしている患者さんもおり一般総合診療/内科医としてはやはり重要な分野と思っています.

この本は類書がまずありません!とてもよくまとまっておりまさに
「自己炎症性疾患ってなんだろうか.
「今まで一般内科外来やちょっと膠原病をかじってきたものの自己炎症性疾患にも注目しないといけない」というビギナーからある程度経験がある医師にはうってつけな本と思います.
(
そもそも希少疾患ですから、経験が豊富!と胸はって言える医師はそんないないはずです)

 ただの疾患解説本ではなく実臨床に則してどのような病歴やプレゼンテーションで想起すべきか疑うかを明確に記載してくれており読みながら「あの症例って・・・実はそうだったのかも・・・」と反省する医師もいるのではないでしょうか(実は僕も・・・読みながらそんな感情がいくつかありました・・・1-2例程度だったのがまだ救いでしょうか)

 個人的には反復する「虫垂炎」「胆嚢炎」様の疾患で疑うといった解説やコルヒチンの使い方副作用への対応のお話そして今現在自分の臨床でHOTな蕁麻疹様血管炎と好中球性皮膚症のお話がとても興奮しました.

 一般内科なんでも内科総合診療科に属し初診外来や救急外来入院診療をやるようなお仕事ならば一度は目を通し「自己炎症性疾患」というカテゴリー疾患概念ゲシュタルトをある程度構築しておくべきと思いますその効率の良い方法がこの本を読むことでしょう.

 うちの科の後輩には薦めようと思います.

0 件のコメント:

コメントを投稿