ブログ内検索

2013年7月31日水曜日

ぶどう膜炎の原疾患


Orphanet Journal of Rare Diseases 2012, 7:57

オーストリアのVienna大学にて1995-2009年に診断したぶどう膜炎2619例のReview.
 男性は48.2%, 女性51.1%とほぼ同等. 平均年齢は38.8±18.3歳[1-87y].
 17-60歳での発症が79.8%を占め, <17歳が9.2%, >60歳が11%.

炎症部位はanterior 59.9%, Intermediate 14.8%, posterior 18.3%, panuveitis 7%.
炎症部位と続発性の割合は以下の通り;


続発性ぶどう膜炎の原疾患
関節炎に伴うぶどう膜炎が10.1%(265例)
 強直性脊椎炎 143例, 関節リウマチ 42例, Juvenile idiopathic arthritis 58例, 反応性関節炎 5例, 乾癬性関節炎 17例.
感染性ぶどう膜炎が19.0%(495例)
 ウイルス性 226例 (ヘルペス 201例, VZV 14例, CMV 5例, 他 10) 寄生虫 198例 (トキソプラスマ 173, Toxocarosis 18, 他7) 細菌性 47例, 真菌性 24例.
全身性疾患が8.4%(221例)
 ベーチェット病 49例, サルコイドーシス 64例, クローン病 30例, 多発性硬化症 25例, 潰瘍性大腸炎 14例, Whipple病 2例, Vogt-Koyanagi-Harada病 11例, SLE 7例, Masquerade syndromes 19例, 

 乾癬性関節炎の7-20%でぶどう膜炎を合併し, その56%が両側性 (特発性では7-21%が両側性)
その他が19.2%(503例)
 HLA-B27関連急性ぶどう膜炎が271例, Fuchs’ heterochromic cyclitis (HCF) 88例, serpiginous choroidopathy 10例, acute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathy (APMPPE) 8例, multiple evanescent white dot syndrome 6例, glaucomatous cyclonic crisis 10, sympathetic ophthalmia 2例,

炎症の部位別の頻度は,
原疾患別の発症年齢は以下の通り

0 件のコメント:

コメントを投稿